民衆 を 導く 自由 の 女神。 ウジェーヌ・ドラクロワ

を の 民衆 女神 自由 導く を の 民衆 女神 自由 導く

つなぎの服は、 印刷所の労働者を表しています。

マリアンヌはフランス共和国を擬人化した、国家を象徴する女性像です。 作品 『自画像』 1837年、ルーブル美術館所蔵 『ダンテの小舟』 1822年、ルーブル美術館所蔵 『ハムレットとホレイショー』 1839年、ルーブル美術館所蔵 『民衆を導く自由の女神』解説 『民衆を導く自由の女神』解説 1830年に起きたフランスの7月革命を主題とし、寓意的アプローチをした作品です。
を の 民衆 女神 自由 導く を の 民衆 女神 自由 導く

秘湯に現れたウサギはでも温泉に浸かっていたお風呂好き。 18世紀の歴史画を引き継ぎ、ピカソの《ゲルニカ》に先んじているこのロマン派的で革命的な高揚を表わしたイメージは、普遍的なものとなったのである。 ギロチンを怖れたシャルル10世はオーストリアに亡命して退位し、後継政府には絶対王政を否定して立憲君主制を採用したブルボン家の支流であるオルレアン家のルイ・フィリップ1世が王位についた。

歴史的で政治的なドラクロワの作品は、記録と象徴、現代性と虚構、現実と寓意を組み合せながら、アンシャン・レジーム(旧体制)の最後の反動を物語っている。 1時間おきに遠くを見るように言われたので試してみようと思います。
を の 民衆 女神 自由 導く を の 民衆 女神 自由 導く

ドラクロワは、本作品のように、実際に起こった出来事を人々に訴えかけるドラマチックな歴史画を多く手がけました。

3
画家は、甥のシャルル・ヴェルニナックに次のような手紙を書いている。 落書きの話に戻ると、絵の表面にワニスが塗ってあったおかげで、きれいに消せたそうです。
を の 民衆 女神 自由 導く を の 民衆 女神 自由 導く

ドラクロワの日記は1893年に Plonから出版され、同出版社から1932年に改訂版、1980年に ()による序文を付した再編集版が出された。 共通しているのはその目の中に表された獰猛さと決意だ。 作中に描かれている人物は、シルクの帽子を被ったブルジョワ階級、二角帽を被った学生、両手にピストルを持つ少年等、様々な階級の人々が描かれている。

16
本作品「民衆を導く自由の女神」は、フランスの画家、ユジェーヌ・ドラクロワの同名の絵画をもとに作られた作品である。 やはりマスケット銃を携えて女性に続くの男性は、ドラクロワ自身であると説明される事が多い。
を の 民衆 女神 自由 導く を の 民衆 女神 自由 導く

まぁ憶測ですが…。 解説 [ ] 中心に描かれている、つきを左手に持ちを目印に右手で掲げ民衆を導く果敢な女性は、のである、の姿の代表例の一つである。 三角形構図の奥の左側では、ボナパルト派の二角帽を被った理工科学校生を含む学生たちと、灰色の軍用外套と軍服を着た擲(てき)弾兵の分遣隊が見える。

11
この擬人像は現実の戦いに挑んでいるのだ。
を の 民衆 女神 自由 導く を の 民衆 女神 自由 導く

旗を勇ましく振っている姿で混同されたのでしょうか。 ついに市民は三色旗を翻して宮殿や政府の施設を襲撃し、復古王政のブルボン朝が打倒されるフランス7月革命が起こったのです。

10
それなのに、顔だけが横に向いています。
を の 民衆 女神 自由 導く を の 民衆 女神 自由 導く

こうして自由を求めた革命はひとつの結末をたどり、女神の姿を象徴するとともに輝く未来に向けて歩み出す、壮大なエンディングを迎える。 勝利によって絶頂に達する高揚感は、ピラミッド型の構図で表わされ、死体が累々と横たわる土台は、その上に勝者の姿がそびえ立つ台座のように描かれている。 左手に持つ1816年モデルの歩兵隊の銃剣が、女神を本物らしい現実の近代的な存在にしている。

元の絵に加工した「コラ画像」の可能性が高そうだ。 1830年7月の市民によりブルボン朝のフランス王シャルル10世が倒されたフランス7月革命をテーマに描いた作品。