お ちく ぼ 姫 現代 語 訳。 堤中納言物語「虫愛づる姫君」の原文と現代語訳・解説・問題

語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく 語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく

現代語訳 露や煙ははかなく消える命なのに、この世に死者はなくならないので、あだし野霊園の草露や鳥部山火葬場の煙はいつまでも消えることはない。 そして竹取の翁(おじいさん)は、帝に従ってきていた文官・武官の百官を、手厚くもてなしたのである。

私たち姉妹の中にぴったりまとわりついて、可愛がり愛でているうちに、姉が病気にかかったことがあって、家の中が看病でなんとなくざわついているので、この猫を北面に追いやって呼ばないでいると、うるさく鳴きさわぐけれど、猫には猫なりの事情があるのだろうと思っていたところ、病気の姉が起きだして、 「どこ、猫は。
語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく 語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく

夕顔 頭中将が愛した姫君であったが、正妻から恨みを受け、姿を隠す。 41 幻• 「式部」は式部省【学識の優れた人物が働く部署】というお役所の部署の名前で、紫式部の父が働いていた部署でした。 侍従、心の内に思うやう、あはれさらば、さやうの人に知らせ奉らばや、と思ひけれども、たづぬべきたよりもなし。

11
」とおっしゃるので、(清少納言)「それなら(殿上人が大勢でお笑いになっているなら)、私一人だけを特別にお恨みになるべきではないのに、おかしな方です。 たくさんの金銭をお与えになって、数日かかって造りあげて、かけたところが、全く回らなかったので、あれこれと直したけれども、とうとう回らないでなんの役にも立たずに立っていた。
語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく 語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく

「のたまひ」は尊敬語で、「姫君たち」に対する敬意。 「人はすべて、つくろふところあるはわろし。

5 うちとけ カ行下二段動詞「うちとく」の連用形。
語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく 語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく

荒れたる庭の露しげきに、わざとならぬにほひ、しめやかにうちかおりて、忍びたる気配、いとものあはれなり。 姫君の寵愛《ちょうあい》が羨《うらや》ましいことよ」 こうして月日が過ぎ、五月中頃の月の冴え渡ったある夜、姫君は御簾《みす》の端《はし》近くまでいざり出て物思いにふけっていると、時鳥《ほととぎす》がやって来て通り過ぎた。

第59段|大事を思ひ立たむ人 [要約] やりたい事を決めたら、それに全力を注ぐべし 原文 大事を思ひ立たむ人は、さり難き心にかからむ事の本意を遂げずして、さながら捨つべきなり。
語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく 語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく

『竹取物語』は、 『竹取翁の物語』や 『かぐや姫の物語』と呼ばれることもあります。 紫の上のお身の上が見捨てがたく思うにつけても、(秋好)中宮がいらっしゃるから、(これが)並々ならぬお味方である。 宮の職(しき)におはしまいしにまゐりて、(宣方)「時々は、宿直(とのゐ)などもつかうまつるべけれど、さべきさまに女房などももてなしたまはねば、いと宮仕えおろかにさぶらふこと。

20
いどみ給へる御方々の人などは、この母君のかくて候ひ給ふを、 競っていらっしゃる方々の女房などは、この母君(明石の君)がこうして(明石の姫君に)お仕えしていらっしゃるのを、 瑕 きず に言ひなしなどすれど、それに消たるべくもあらず。 それに比べたら、人間の場合は心安らかに一年間を送れるというだけでもなんとものどかな話ではないか。
語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく 語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく

[現代語訳] (姫君は)物淋しく暇があるとき裁縫を習ったので、たいへん上手な手つきでお縫いになるので、 「とても結構なことのようです。 意味は「気に入らない」。 参考文献 『竹取物語(全)』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),室伏信助『新装・竹取物語』(角川ソフィア文庫),阪倉篤義 『竹取物語』(岩波文庫) 楽天広告• 25 螢• 」と、(うまい文句を姫君は)考えていらっしゃる。

6
」とて、眉さらに抜きたまはず、 「人はみな全て、取り繕う所があるのはよくない。
語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく 語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく

かくおづる人をば、「けしからず、はうぞくなり。 意味は「滅多にない」。

17
たちかはりて参り給ふ夜、御対面あり。
語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく 語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく

女房たちが怖がって逃げると、その姫君の部屋では、たいそう見苦しく大騒ぎをした。 (いや、いいかげんなものではない。 大納言の姫君 現代語訳 桜の花が咲いては散るたびに、乳母が亡くなったころだったと、そればかり思い出してしみじみとした気持ちになるのに、同じころに亡くなられた侍従の大納言の姫君の筆跡を繰り返し見ては、しきりに悲しくなった。

4
その足跡については研究が続けられていますが、兼好が生まれたのは1283年 弘安6年 、死没は1352年 正平7年・文和元年 、享年は70余歳と推定されています。 なお、「源氏物語」は平安時代の貴族の様子について描いた作品です。
語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく 語 姫 訳 お ぼ 現代 ちく

併せて、メールによって利用者との相互交流を大切にしていきたいとも思っています。 (明石の姫君と)競争なさった御方々のお付きの女房などは、(姫君の生母である身分の低い)この母君〔明石の君〕がこうして姫君のおそばにお仕えしていらっしゃるのを、(姫君の声価を損なう、瑕だと言い立てたりするが、それに負かされるはずもない。 (清少納言)「本当にそんな悪いことは申し上げていません。

32 梅 枝• 」と、これをも、いと恥づかしと思したり。 意味は「入ってしまった」。