うつ伏せ 練習。 赤ちゃんの首すわりに効果あり!うつ伏せの練習のやり方紹介

練習 うつ伏せ 練習 うつ伏せ

多くの赤ちゃんは月齢3ヶ月から4ヶ月のうちに首がしっかりしてくるようです。

17
筋力が発達することにより、首がすわりやすくなるメリットがあります。 ここでお話するのは、「うつぶせの姿勢」になることです。
練習 うつ伏せ 練習 うつ伏せ

生後1か月くらいから、大人が必ずそばで見ながらうつ伏せの練習をすることで、背筋がしっかりしてきます。 また、うつ伏せの姿勢は口を閉じるので、鼻呼吸を促すことができます。 好奇心の促進 うつ伏せ状態から頭を持ち上げる姿勢により、赤ちゃんは普段とは違った視線で物や周りの景色を見ることができます。

16
ただし、母乳やミルクを飲んですぐにうつ伏せにさせると吐いてしまうため、飲んでしばらくしてからうつ伏せにしてあげると良いでしょう。 うつ伏せの練習法は? 我が家が行った、うつ伏せ練習の方法をお伝えします。
練習 うつ伏せ 練習 うつ伏せ

便秘の解消でうんちが出やすくなる うつ伏せ練習をすることで、 適度にお腹に腹圧がかかり、赤ちゃんのうんちが出やすくなります。

14
淇濊偛澹亴銈炽儎銈掋仈绱逛粙銇椼伨銇�• しかし、これはあくまでも一般的な話です。 それが助産師さんの介助で、今日は驚くほどすくっと首を持ち上げていて、2か月でこんなにしっかり首を持ち上げることができるんだ!と思いました。
練習 うつ伏せ 練習 うつ伏せ

私もそれくらいの赤ちゃんの状態の時期に、自然と練習することが減っていきました。 無理に練習としてやらせるのではなく、5か月を過ぎたころに、普段の遊びのひとつとしてご機嫌を見つつ取り入れてあげましょう。

パパ、ママが少し目を離した間に、 赤ちゃんの首が下を向いてしまい、呼吸ができなくなってしまう ことも十分に考えられます。
練習 うつ伏せ 練習 うつ伏せ

その際も、赤ちゃんの周りにやわらかい寝具やクッションなどを置かないようにしてくださいね。 頻度はどれくらい? うつ伏せの姿勢は1日1回、最初は10秒程度からで問題ありません。

うつ伏せの練習は、 やり方を間違えてしまうと大変危険です。 苦しそうな表情、泣き出してしまうなどの様子が 見られる場合には、練習をやめましょう。
練習 うつ伏せ 練習 うつ伏せ

しかし、SIDSの可能性が高まるのはうつ伏せのまま寝てしまった時であり、起きている間にうつ伏せになってもらう分には特に問題はありません。 仰向けに寝ている赤ちゃんの首と頭をママの手でしっかりと支える 2. 私は早速その日から息子のうつ伏せ練習始めてみることにしました。

7
そんな時には、ぜひ1度この方法を試してみて下さい。
練習 うつ伏せ 練習 うつ伏せ

首が座り、起き上がっていることが多くなると、フニャフニャしていた赤ちゃんの体が、一気にしっかりしたように感じます。

6
また、毛足の長いカーペットも注意が必要です。 赤ちゃんの腕を前に出す。