心 の 旅路。 心の旅路のレビュー・感想・評価

旅路 心 の 旅路 心 の

つまり、彼は記憶が戻ると共に入れ違いにフランス戦線から帰国して以来の3年間の記憶を全て忘れてしまったのである。 録音された番組(27分50秒)はで公開されている。 は「の記憶喪失に2時間も興味を持ち続けることができ、朝食にーのを喜んで食べられる人に、この映画を勧めたい」と書いている。

15
言語は「Oh Darln'!」ですので、ここは和訳の方が素晴らしいかなと感じています。
旅路 心 の 旅路 心 の

2013年9月28日閲覧。

13
ポータル 文学 『 心の旅路』(こころのたびじ、 Random Harvest)は、1941年に出版された作のである。 ()のミニレビューには「ジェームズ・ヒルトンの小説は、コールマンとガースンが最高の状態で、MGMから最高に楽しい扱いを受けている」と書かれている。
旅路 心 の 旅路 心 の

美貌のみを売り物にする女優だけなら他にも大勢いる。 彼は、砲撃を受けたショックで完全なになっていた。

10
キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 テレビ版1 テレビ版2 版 "ジョン・スミス(スミシー)" チャールズ・レイニア "ポーラ・リッジウェイ" マーガレット・ハンソン ジョナサン・ベネット医師 (精神病院の医師、ポーラの相談相手に) () キティ(チャールズの姉の夫の連れ子) () シムズ医師(村の医師) ビファー(酒場の主人) () ハリソン(チャールズの部下) サム(ポーラのショー仲間) () 煙草屋の女主人 () シェルドン(執事) () デヴェンター夫人(宿屋の女主人) チェットウィンド・レイニア(チャールズの兄) () ジョージ・レイニア () ジュリアン・レイニア () リディア・レイニア 牧師 () 牧師の妻 () ロイド氏 () ロイド夫人 ()• 矢も盾もたまらず、彼はそのままリバプールへ出掛け、ホテルで牧師のことや郊外の一軒家の位置を問い合わせ、そこへ出掛けていく。
旅路 心 の 旅路 心 の

彼女は悲しみに打ちひしがれるが、その内チャールズが必ず思い出すであろうことを期待し、熱心に秘書業務に励む。 そこへ、リバプールの新聞社から採用通知が届き、スミシーはリバプール市内へ出掛け、数日間は市内に泊まって打ち合わせなどすることになる。

10
2人は逃げるようにメルブリッジを去り、親切なの協力を得て結婚式を挙げ、人里離れた郊外の一軒家に住む。
旅路 心 の 旅路 心 の

ある男がフランスの戦線で記憶を失って精神病院に収監されていたが、ある時逃げ出して、彼を連れ戻されないように気配りしてくれた女性と恋に落ちる。 心に染みる。

20
2021年2月5日閲覧。
旅路 心 の 旅路 心 の

親切な薬局で介抱され、スミシーは自分の名前がチャールズ・レイニアである事を思い出す。 チャールズは、求められて国会議員になり、その役職を果たす上で信頼する秘書マーガレット(つまりポーラ)に形式上の妻になってくれと頼む。

こうした空気のような透明感が全体を自然に流れ、先に述べた不自然さや軋みはない。