シータ ミッツ ァイル。 【デュエル・マスターズ】デッキレシピ:3位 / シータミッツァイル / まっちゃ

ミッツ ァイル シータ ミッツ ァイル シータ

そしてその判断は、何ら間違っていないと思っている。 次点で赤青覇道や赤単B-我、モルトNEXT、赤白サンマックスという予想でした。

1
マナドライブ6の強力なGRクリーチャーが超GRゾーンの半分を占めている為、自分のマナが6枚以上ある時に打つことが理想です。 環境トップを譲ったのは『アナカラーダムド』全盛だった8~9月のわずか2ヶ月ほどで、登場後は『赤白轟轟轟』から『赤緑ジョー星』が大活躍を見せ、そして秋以降は『シータミッツァイル』『赤単ブランド』『赤青ミッツァイル』等、もはやその価値は揺るぎないものとなった。
ミッツ ァイル シータ ミッツ ァイル シータ

ウェイブからのウォーターやナンバーは強いけどシータミッツァイルのデッキとしては浮いた存在的な感じです。

これはしばしば広義の意味で「デッキパワー」などと表現されることもある。
ミッツ ァイル シータ ミッツ ァイル シータ

また、上振れとして2ターン目にルタチノから全能が出たらビートダウンに対してかなり時間を稼げますし、パッパラパーリが出たらクリーチャーを並べながらブーストができます。

具体的には 1 青魔導具、モルトNEXT、アナカラーデッドダムド、レッドゾーン、赤青覇道、ジョラゴンジョーカーズ、チェンジザジャングル 2 ネバーサイクリカ、アグロ零龍、青黒オーラ、赤単B-我、カリヤドネループ、赤白サンマックス となります。
ミッツ ァイル シータ ミッツ ァイル シータ

爆発的な展開力 大会などで 【シータミッツァイル】が勝っている場面を見た事がある人は多いと思います。 さて、ここから書く内容は競技をやる上で直接的には何ら関係のない話にはなる。

環境初期は基本的に全く新しいタイプのデッキは現れず、 1 旧環境では制限されたデッキに勝てなかったためにtier1、2では無かったデッキ 2 旧環境である程度高い使用率を誇り、制限による影響が無い若しくは少ないデッキ を使用する人が多いと考えられます。 ポクタマたまは殿堂環境では墓地利用のデッキに対してぐるぐるできないけどマグナでポクタマたまを狙うことがあるので最大枚数採用。
ミッツ ァイル シータ ミッツ ァイル シータ

こんにちは、神結です。 私は旧殿堂最後のCSで『赤青』を使い、『ナウ・オア・ネバー』に対し敗北した。

18
個人的な結論 最後に、私の結論を以下にまとめておく。
ミッツ ァイル シータ ミッツ ァイル シータ

GR召喚を行えるカードからバトルゾーンに呼び出しましょう。 元々【シータミッツァイル】には 《DROROOON・バックラスター》が火文明の枠として採用されていましたが、今回のレシピは《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~》を採用している為、何かコスト5以下の呪文がもう少し欲しいと感じていました。 ここでは、そこに収録されているカードの中から【シータミッツァイル】に採用される可能性のある2枚のカードについて簡単な解説をしていきます。

2
・同一ターン中に展開からフィニッシュまで持ち込めるデッキであり、環境外の多くのデッキに対しても有利に戦える。 ・白入りとは一長一短。
ミッツ ァイル シータ ミッツ ァイル シータ

流れ星ような奴だったなぁ 思えば2019年はミッツァイルの年だった。 強化されたGRクリーチャーたちにより、 《BAKUOOON・ミッツァイル》の召喚はほぼ確実な勝利と同義となりました。 殿堂では現在とんでもない数のデッキタイプが存在し、どのデッキも強いです。

このデッキは2-4を決めるデッキだと思っているので2t目に安定してブーストが打てるように9枚目を採用しました。
ミッツ ァイル シータ ミッツ ァイル シータ

「 相対的な強さ」については、圧倒的に『赤青』が上であったことに、異論は無い。

13
《神秘の宝箱》などを用いて、マナドライブを達成できるよう工夫しましょう。
ミッツ ァイル シータ ミッツ ァイル シータ

なので、デッキコンセプトとして2-4-6の安定性を意識しています。

5
何故ならば先に挙げた2つの質問は、赤青の「 相対的な強さ」しか示していないからだ。 それは環境の上位デッキが赤青、カリヤドネというシータにとって不都合なデッキが多く、有利なデッキが多い訳ではない。