明智 左 馬 助。 明智左馬之介の湖水渡り伝説:【大津e湖都市場(おおついいこといちば)】大津豆知識

左 馬 助 明智 左 馬 助 明智

在忠胜的纠缠之下,左马介分神不暇,只有让布朗先行前往幻魔船调查。

6
「明智左馬之助湖水渡り」の伝説は、山岡景隆との船戦が元なのかもしれません。
左 馬 助 明智 左 馬 助 明智

坂本家では、明智家との血縁関係を示す史料は残っていませんが、左馬之助でなくても、明智一族の子孫である可能性は否定はできないという感じでしょうか。

15
山崎の戦いは後詰めの参戦で、光秀の死の報せを受け坂本城へ向かった際、たった一騎でを泳いで渡ったとされる。
左 馬 助 明智 左 馬 助 明智

明智左馬之助の子孫は坂本龍馬!? 明智左馬之助 秀満 の子孫は、 坂本龍馬であるとする説がありますが、おそらく違います。

8
明智光安とは光秀の父の弟になりますので、本当に光安の子であれば光秀と左馬之助(秀満)は 従兄弟ということになりますが、従兄弟説は定説になっていません。
左 馬 助 明智 左 馬 助 明智

さらに昨年、秀満が地方豪族に由良川 大江町 での漁業権を認める書状が見つかっています。

15
また、別名としては明智光春、明智満春、明智左馬助 明智左馬之助 との名も。 光秀に死出の山で渡すため、左馬之助が腰に差したそうです。
左 馬 助 明智 左 馬 助 明智

そのため、明智光秀は、 を改修する前には、丹波・ 余部城 を拠点にしていたとも考えられます、同じ1575年に小畠左馬助と言う武将が、 より所領安堵を受けていますので、小畠左馬助 おばた-さまのすけ と小畠永明は同一人物かも知れません。 天正10年(1582年)に起きた本能寺の変では、明智左馬之助(秀満)は光秀方の先鋒となり襲撃しています。 そして秀満は話を聞いてくれた餞別として黄金300両の入った革袋を投げ与えた。

2
「明智左馬之助湖水渡り」は史実ではないとされていますが、この説にちなみ歌川 豊宣(うたがわ とよのぶ)が描いた「明智左馬助の湖水渡り」という絵があります。
左 馬 助 明智 左 馬 助 明智

明智左馬之助 明智左馬之助 明智左馬之助湖水渡りの碑 大津市 明智左馬之助湖水渡りのところ 天正10年(1582)6月2日、明智光秀は主君・織田 信長を本能寺に攻めて自害させ、天下を奪ったが、 山崎の合戦で秀吉に敗れ、その野望は消え失せた。 ( 日语 : )(1973年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• 天寧寺が所蔵する『天寧寺文書』によると、明智左馬之助が天寧寺に旧規を認めたり、「光秀判形」にまかせて諸役を免除している文書などが残っているとされています。 ここで主君の光秀は小栗栖村で殺されたのと知らせを聞く。

20
坂本城を敵に囲まれて滅亡が迫る中でも逸話がある。 ここで守備につきますが、6月13日に光秀が敗れたことを知ります。
左 馬 助 明智 左 馬 助 明智

また遠山景行の妻が主三宅高貞の娘であるため、遠山景玄の母に相当する三宅氏の跡を継いだという補説もある。

12
『武功雑記』は江戸時代の随筆ですが、戦国を生きた浪人らから聞いた話をまとめたものであるため、一応は信用にたる史料とされています。