バボラ ピュア ストライク。 ピュアストライク16×19とピュアストライク18×20との違い

ピュア ストライク バボラ ピュア ストライク バボラ

私は元々 ピュアストライクが好きで、 前作のモデルに関して、 を書いています。

打球音は高めでいい音を奏でてるんだけど、腕に残る感覚は柔らかいというちょっと不思議な感覚。
ピュア ストライク バボラ ピュア ストライク バボラ

めちゃくちゃいいラケットなんで、 私はこのラケットが超おすすめです。 ついに発売された バボラの最新版! ピュアストライクシリーズ。

振動対策のエキスパート企業 SMAC社の高機能素材をフェイス部に応用することで、振動吸収性の最適化を図り、よりピュアなタッチを実現しました。 価格 14,300円 価格 16,200円 価格 15,580円 価格 15,250円 価格 16,150円 価格 16,150円 価格 11,000円 価格 16,200円 価格 16,800円 価格 15,700円 価格 13,090円 価格 15,730円 価格 16,500円 価格 16,500円 価格 17,050円 価格 17,050円 価格 16,800円 価格 14,300円 価格 14,300円 価格 16,800円 価格 14,280円 価格 12,780円 価格 12,780円 価格 14,280円 価格 12,780円 価格 14,280円 価格 650円. 本記事は、メーカーの紹介・商品説明では足りない比較を中心に整理していきたいと思います! ピュアストライク スペック比較 遠目では判別できないピュアストライクも、上記のように一覧にするとどこが違うのかハッキリします。
ピュア ストライク バボラ ピュア ストライク バボラ

包み込んでしっかりとボールを掴んでくれるので、どんな球を打つにも余裕ができます。

6
スペックだけを見ると、 HEADの なんかが、かなり近いですよね。 逆にオールラウンドにストロークもボレーも打ち抜きたいという方なら 【ピュアストライクVS ツアー】がいいでしょう。
ピュア ストライク バボラ ピュア ストライク バボラ

なにしろ振り抜きが良くて楽なので、ギリギリまでコースを隠し易いです。

12
スペックやテクノロジーとか かなり似ているスペックで、 フェイスサイズとラケット重量以外は同じスペックで、あとはRA値(ラケットの硬さ)が、100の数字が大きいので、若干 硬めって感じでしょうか。
ピュア ストライク バボラ ピュア ストライク バボラ

やっぱりこういう一本は、 必ず必要。 個人的なおすすめは1. フレーム厚23㎜と黄金スペックの中では薄い部類なので、薄さはそれなりに感じました。 本モデルの方がボールを加えこむ性能が高いように感じます。

振り抜きは、どちらもいいですね。
ピュア ストライク バボラ ピュア ストライク バボラ

そんなわけで、 ストリングのテンションを、 40~60ポンドくらいの範囲で、 いろいろいじることで、 どうにでも化けるラケットだと思ってます。

11
トータルのバランスに優れた一本。 このほど、 正当に評価されていないラケットって、 なかなかないと思いますよ。
ピュア ストライク バボラ ピュア ストライク バボラ

それぞれの項目ごとに違いを上げた後に、トータルスペックの違いや使用感について取り上げていきます。 ピュアストライク100 【ピュアストライク100】が最も気に入りました。

18
ピュアストライク 使用感比較 カタログスペックの比較より、どういったモデルかなという想像はついたかなと思いますので、実際の使用感の比較に移ります。
ピュア ストライク バボラ ピュア ストライク バボラ

と、私は思います。 ラケット selected 現在カテゴリーで絞り込み中: ラケット• フレーム厚が「すこーし薄め」ではありますが。 ピュアストライク フレックス・バランス ピュアストライクシリーズの大きな違いとなる特徴の1つ目になります。

2
それは、 厚くボールを捉えながらもボールが引っ掛かる感触があったからです。 また、コスメデザインはありふれたものではないインパクトの有るカッティングエッジなデザインを採用し、色はカーボングレーと蛍光レッドを基調にピュアストライクのコンセプトを体現。