ハイキュー 394。 【ハイキュー】第394話あらすじ解説ネタバレ|強力な回転を生み出す佐久早!牛島との出会い|「ジャンプ」マンガ好き.COM

394 ハイキュー 394 ハイキュー

さて試合の行方ですが、BJはマッチポイントですが、すぐ1点差までにADが追いついてきました。

牛島から打たれたサーブを佐久早は丁寧に確実にレシーブし、綺麗に上げたのでした。 今回の話で佐久早の過去話で牛島が登場したので、彼がメインの話になるのではないかと思いました。
394 ハイキュー 394 ハイキュー

無回転で厄介なジャンプフローターを敢えてキツイ回転をかけて意図的に曲げると、星海の直前で急カーブがかかりノータッチエースとなりました。

18
*飯綱掌(いいづな つかさ)は現在、 Vリーグ Division1のDESEOホーネッツのセッターとして活躍中! 佐久早は、飯綱との一件で「理想の最後」というものを考えるようになりました。
394 ハイキュー 394 ハイキュー

ロメロが2回目のサーブを逆サイドに打ち込みますが、佐久早は平然とさばきます。 考える牛島が出した答えは。 は来週7月20日発売の週刊少年ジャンプ33・34合併号で、8年半の連載にピリオドを打ち、最終回を迎えます。

8
6年間追いかけてきただけあり、いずれ星海に関する本でも書きそうです。
394 ハイキュー 394 ハイキュー

佐久早のことを褒める実況に賛同しつつ、佐久早の 弱点の話題に。 見たこともない景色をたくさん見られるようになる。 飯食うみたいにバレーしよる 日向の変わらぬバレーへの姿勢に、感化されていく。

4
このまま出さずにいくこともありかな。 でも傷口はちゃんと塞いできたんだよなぁ。
394 ハイキュー 394 ハイキュー

佐久早のことが好きになりました。

17
スポンサーリンク 覚悟完了 しかし、ウシワカは最後の春高バレーでは県予選で烏野に敗退し、全国出場は叶いませんでした。 佐久早は牛島を意識するようになったのです。
394 ハイキュー 394 ハイキュー

髪の毛をばっさり切っていたので田中と勘違いしましたが、職業紹介が無かったことからフリーター? 古舘春一「ハイキュー」395話より引用 強さが全てだと天を見上げて大声で叫ぶ様子は、高校時代のゲスブロックとして相手を挑発した頃と変わっていません。

12
前でも充分強かったにもかかわらず、その武器を自分で一度壊したことに感心する東峰。 白鳥沢は敗退。
394 ハイキュー 394 ハイキュー

トレンド1位はハイキューだが、しれっとトレンドに入ってる黒尾さん。 敵味方の関係ない周囲の視線が嫉妬にも見えてきます。 コレを決められなければ明日自分の居場所はない、コレを決められない自分に明日の居場所はいらないと考えていた 日向がブロックアウトを狙われるのを察し、手を引っ込めようとするのに気づいた星海はそのまま強烈なアタックを決める。

7
その考えにはプロ選手ならば、ケガというリスクを常に背負いながら、何時終わっても悔いがないようにという根底にあると推測できます。 392話では4点差で宮も木兎も絶好調だったのに、1話で1点差まで詰め寄られ、394話でも このままアドラーズが逆転して勝利に王手、ブラックジャッカルは流れを止められるのか、というパターンになりそうです。
394 ハイキュー 394 ハイキュー

「全てのボールを打ち切るべし」とエースの心得よろしく、短いトスにも背面アタックと型にはまらないトリッキーで決めて、見るもの全てを魅了します。 それでもここに居る強くないワケがない」 試合は2回目のロメロのサーブ。

14
全日本中学のバレー大会に出場した佐久早。 スマホで試合を観戦していた現在同じチームメイトである古森と角名。
394 ハイキュー 394 ハイキュー

手首の異様な柔らかさ。 そして元気に毎日バレーボールを続けられている現状に感謝しなければならない。

と感じた。 古舘春一「ハイキュー」391話より引用 二刀流でも十分勝負できていましたが、ロシア代表のオルコフ選手のプレーを見てカッコ良いからと自分も始めたようです。