おき ãĒ č‰ã€‚ 長å‘Ŋ草īŧˆã‚ĩクナīŧ‰ãŽč‹—

ãĒ 草 おき ãĒ 草 おき

į´°ã‹ã„栚は折れやすいぎでäģ•æ–šã‚りぞせんが、å¤Ēい栚 ゴボã‚Ļ栚ともいいぞす ã¯å‚ˇã¤ã‘ãĒいようäŊœæĨ­ã—ぞしょう。

æĨĩå¯’å†ˇåœ°ã‚’é™¤ã„ãĻčļŠå†Ŧできるため、嚴内ãĢ植えãĻおけばįŋŒåš´ãĢãŸãã•ã‚“ãŽčŠąã‚’å’˛ã‹ã›ãĻã€ãžã‚‹ã§čŠąæŸãŽã‚ˆã†ãĒボãƒĒãƒĨãƒŧムぎあるå§ŋをæĨŊしむことができぞす。
ãĒ 草 おき ãĒ 草 おき

īŧ‰ éģ’įŗ–į„ŧ酎をはじめとしたボトãƒĢキãƒŧプもおうぞお気čģŊãĢ。 しかし、気をつけãĒければいけãĒã„ãŽã¯æ¯’č‰ã§ã‚ã‚‹ã‚ŋマ゚ダãƒŦや、ぞたį‰šãĢ野į”ŸåŒ–した水äģ™ãĒおと間違えやすいため、毎嚴これで中毒ãĢãĒるäē‹æ•…がäŊ•äģļかčĩˇããĻいぞす。 原į”Ŗ地 åœ’čŠ¸į¨Žã€æ”šč‰¯į¨Žã§ã‚ãŖãĻもæ ŊåŸšãŽå‚č€ƒãŽãŸã‚ã€ãĒるずくäē¤é…čĻĒぎ原į”Ŗåœ°ã‚’čĄ¨į¤ēしãĻおりぞす。

äģŠã‚‚野äēēã¯æ­¤č‰ãĢãĻ餅をäŊœã‚‹ã€‚
ãĒ 草 おき ãĒ 草 おき

å†Ŧ場はãĒã‚‹ãšãã¯åą‹å†…ã§ã€åą‹å†…ã§ã¯į„Ąį†ãŽå ´åˆã¯ä¸įš”布ãĒおでčļŠå†Ŧできるį’°åĸƒã‚’整えãĻあげãĻ下さい。

5
åąąčŒļ花īŧˆã‚ĩã‚ļãƒŗã‚Ģīŧ‰ 晊į§‹ã‹ã‚‰åˆå†ŦãĢかけãĻå’˛ãã€æ—ĨæœŦ原į”ŖãŽčŠąã§ã™ã€‚
ãĒ 草 おき ãĒ 草 おき

「ゴゎョã‚Ļã€ãŽåã¯ã€ŒåžĄåŊĸ」からæĨãĻいぞす。 æ—ĨåŊ“たりãƒģįŊŽãå ´æ‰€ æ—ĨåŊ“たりをåĨŊãŋぞすが、įœŸå¤ãŽį›´å°„æ—Ĩ光は暑すぎるぎでできるだけéĸ¨é€šã—ぎよい木陰ãĒおãĢé‰ĸをį§ģ動させãĻæ Ŋ埚しぞしょう。

20
刊į”¨æ–šæŗ• æ˛–į¸„ぎと同じようãĢé­šæąã‚„å‘ŗå™ŒæąãŽå…ˇæã¨ã—ãĻã€ãžãŸã€č‘‰ã€čŒŽã‚’æ—Ĩé™°ã§åš˛ã—ã€ãŠčŒļとしãĻ刊į”¨ã•ã‚ŒãĻいぞす。 在æĨį¨Žã§ã‚‚大きくãĒãŖたæ ĒやčĨŋ洋ã‚ŋãƒŗポポは、æ—ĨåˇŽã—ãĢさらされた土手やå…Ŧ園ãĒおぎもぎはéŋã‘ã€æž—é“č„‡ãŽåæ—Ĩ陰ぎ斜éĸãĒおãĢį”ŸãˆãĻいãĻã€č‘‰ãŽč‰˛ãŒã‚ãžã‚ŠæŋƒããĒい、č§ĻãŖãĻãŋãĻしãĒやかãĒもぎを選ãŗぞす。
ãĒ 草 おき ãĒ 草 おき

嚴内ãĢ植えãĻおくとįŋŒåš´ãŽåˆå¤īŧˆčŠąæœŸīŧ‰ãžã§ãĢ十分栚がåŧĩãŖãĻ大きãĒæ ĒãĢãĒã‚Šãžã™ãŽã§ã€čŠąãŽæ•°ã‚‚æ–­į„ļ多くãĒりぞす。

12
æĸ…īŧˆã‚ĻãƒĄīŧ‰ æ—Šæ˜ĨãŽå†ˇãŸã„įŠē気ぎ中、小ãļりãĒがらもčĻ‹ã”ãŸãˆãŽã‚ã‚‹čŠąã‚’ã¤ã‘ãžã™ã€‚
ãĒ 草 おき ãĒ 草 おき

įå‘ŗとしãĻ、ここでしかéŖŸãšã‚ŒãĒい「ホãƒŧミīŧˆã‚¤ã‚Ŋã‚ĸワãƒĸチīŧ‰ã€ãŽé…ĸå‘ŗ噌もございぞす。 ããŽčŠąãŒé€ŖãĒる様子はマツã‚Ģã‚ĩぎようでãƒĻニãƒŧク。 čŠąãŒå’˛ããžã§ä¸€åš´ã‚’é€šã—ãĻč–„ã‚ãŽæļ˛äŊ“č‚Ĩ料を月ãĢ2回į¨‹åēĻ与えぞしょう。

14
į›ŽãŒãã‚‰ãã‚‰ã™ã‚‹ãģおéĢ˜ãã€æžãŒåąãĒã„ã†ãĄã¯ã€č‡Ē分č‡ĒčēĢぎ恐怖åŋƒãŒã”ざいぞすぎで、äŊ•ã‚‚į”ŗしぞせん。
ãĒ 草 おき ãĒ 草 おき

į§ģ植やé‰ĸæ›ŋãˆãŽå ´åˆã¯å¸‚č˛Šã•ã‚ŒãĻいる土ãĢ植えかえしãĻください。

6
čŠąæœŸã¯4-5月で、暗čĩ¤į´Ģč‰˛ãŽã‚’čŠąčŒŽãŽå…ˆįĢ¯ãĢ1個つける。 駐čģŠå ´ ありīŧ—台ãģお 地å›ŗ. おぎはら植į‰Šåœ’ 上į”°åē— 長野įœŒä¸Šį”°å¸‚čŠŗį”°1193 TEL. č‘‰ãŽä¸­ãŒã™ã‹ã™ã‹ã§čģŊく感じるぎがノビãƒĢã€ä¸­ãŒčŠ°ãžãŖãĻいãĻ重い感じãĒぎが水äģ™ã€ã¨ã€æ°—をつけãĻいればčĻ‹åˆ†ã‘られぞすが、čŋˇãŖた場合はåŧ•ãæŠœã„ãĻãŋればわかりぞす。