消え た ママ 友。 「消えたママ友」作者・野原広子さんインタビュー 幸せに見えたママ友は、なぜ失踪したのか|好書好日

友 消え た ママ 友 消え た ママ

有紀に対して内心抱いていた嫉妬を吐露するヨリコ。 子どもが小さかったころ、マンガを読むのすらしんどくなっていた時期があったんです。

16
そして妻を見捨て、息子がおかしくなっているのを見殺しにしている。 ちーなーみーに、 「ママ友とは関わらないに越したことはない」が結論の私ですが、 PTA活動はまた違う意味で本当に辛いこともありました…。
友 消え た ママ 友 消え た ママ

子供がいたからこそのできた友達"ママ友"、勉学・遊びを共にしてできた"友達"とでは大きく異なるものだとは思いました。 つまりは幼稚園と大差ないのである。

4
それはツバサに対しても同じで、ツバサがコー君からもらった折り鶴も見るや否や『下手くそ』『こんなのダメ』と言って潰してゴミ箱に捨ててしまう。
友 消え た ママ 友 消え た ママ

そういういう本でした。 夜の公園で春香達が有紀と会ったと知ったツバサは春香に『ママ、笑ってた?』と尋ねる。

他愛もないっちゃ他愛もない。 ストーリーの軸となるのは、子供を同じ保育園に通わせている4人のママ友。
友 消え た ママ 友 消え た ママ

ただそれぞれの思惑で振る舞うだけです。 そう来るか…という終わり ネタバレありのレビューです。

そこにママ友同士という、子供が絡む人間関係の難しさも加味して考えて欲しいという本なのかと。 幼稚園小学校でボスママとして君臨していた人、子供が中学生になれば、 あの取り巻きのお母さん達はどこへいったのと滑稽で仕方ないぐらい、 みんな離れていますよ。
友 消え た ママ 友 消え た ママ

また、ツイッターやフェイスブックでの感想コメントも参考にさせていただきます。 些細なことだけど、溜まっていくと最終的に取り返しがつかないくらい「バーン!」と爆発してしまうことがある。 ある程度子供が大きくなると、子供同士は別のグループに所属したり疎遠になっても母親同士の交流は続いているというパターンもあるにはあるが、子供同士が犬猿の仲なのに母親同士は仲良し…というケースはまずない。

5
『仲がよかったくせに、何も知らなかった』…その事実は3人の心を激しく動揺させる。
友 消え た ママ 友 消え た ママ

この作者の作品全体において、舞台設定が地方であると想定しておかないと、保育園の描写に違和感を覚えると思う。

14
最後は救いのない結末…。