艦これss 死亡。 提督「私が戦死したドッキリ」

死亡 艦これss 死亡 艦これss

明らかに動揺してたよ」 提督「えー…?」 元帥「…!ほらみてこのテレビ!!」 提督「何ですかそれ」 元帥「執務室のカメラから…」 提督「何時設置したんですか?」. そして母のような安らぎを覚えさせる温かさに、蕩ける様な甘い匂い……。

12
」 提督 流石駆逐艦…まだまだ子供…• 63 ID:2Z7RriEM0 金剛「ヘーイ妖精!準備できたネ!」 加賀「今こそ提督の仇を討つ時」 島風「私が攪乱するね!」 大和「この主砲、全ての怒りをぶつけます」 北上「許せないよね~。 皆が探すような所には基本いないと思うから、皆の持つ情報を集めてからニッチなエリアをしらみ潰しするつもりなんすー」 鈴谷「へー、頭使うんだ? ま、いいや、鈴谷はそーゆーの性に合わないから行ってくんねー、ばいにー」トタタッ 漣「ばいにーすずやんパイセーン」 朧「……漣の方が先にこの司令部にいるのに先輩呼び?」 漣「そら年功序列よあーた、JKではJDには勝てんぜ」 曙「高校行ってもないのに女子高生って言うのも変よね」 漣「ぼのやん先生、ブーメラン突き刺さってるぜ」 曙「というかさ、私達って一目見られてまず言われるのが」 漣「思ったよりも大きい」 曙「だもんね、他の曙とかってどんだけちっさいのよ」 朧「背の話でもあるけど背の話だけではないと思う」 漣「駆逐艦娘としては年齢重ねすぎちゃいましたかね……女としてはこれから脂がノるところなんだけど」 潮「他の七駆の皆を見たことあるけど、なんというか、可愛かったよ?」 曙「でしょうね」 漣「せやろな」 朧「まあ……私達よりは幼いだろうね」 曙「ところで、そろそろ行くべきじゃない? こんだけ時間も経てば情報は充分あるでしょ」 漣「うーんそうだにゃー。
死亡 艦これss 死亡 艦これss

」 提督「さぁ、帰ろう。 」 提督「まあそうだな」 佐世保提督「そこで、好感度の高い艦娘を主力にすれば、思い通りに戦いが運ぶハズだ」 提督「なるほど…」• 敵の、戦艦棲姫を討ち取ったぞ……鬼どもも、皆が倒してくれた』 提督「ご苦労さん、一旦引いて体を休めてくれていいぞ」 長門『心配ない、と言いたいところだが難しいな。 31 ID:2Z7RriEM0 妖精「今から俺の維持に従えば助かる、といったらどうかね?」 提督「それは……本当なのか?」 妖精「ああ、どうする?時間がないぞ」 提督「わ、わかった。

16
どうかしましたか?」 朝潮「せ、僭越ながら、あの、よろしいでしょうか。
死亡 艦これss 死亡 艦これss

海域を押し込む程連中は強くなっていくが、最近では【質より量】の戦法で高練度艦隊を同海域に集中させ一方的に火砲を浴びせている。 元気無いわね」 提督「いや…別に」 その時だった• 」 私から、あなたに新たな名前を授けましょう。

」 赤城「脂肪ドッキリ?」 提督「ソレダッ」 ~一日後~ 提督「今日は健康診断の資料が返されるのでしっかりと見て体調に気を付けること! 憲兵を、俺が汚す訳にはいかない」 妖精「じゃあ……!」 提督「もういい、もういいんだ。
死亡 艦これss 死亡 艦これss

しかし、提督は辛いことになるでしょう……ですが……」 潮「提督」 提督「ああ」 潮「提督は私を信じていただけますか?」 提督「当たり前だ。

クローゼットに入れてはなかったみたいだからニアミスのニの字もなかったがな」 曙「本当に気付かないもんなのね。
死亡 艦これss 死亡 艦これss

提督は急に起こった出来事に対処する力を持っていないのである! 落ち着いて聞いてほしい。 決して君が悪いわけではなく、ましてや君に問題があるわけではない。 せめて遺品は…」 煙も大分晴れたが、提督は跡形もなく消し飛んでいた 天津風「あ…ああ…」ポロポロ 提督「天津風! でも、おっぱいはそのほとんどを、乳腺と筋肉が占めているの。

18
1日で終わらせたかったけど都合がつかなかったり そんなわけでメリクリ。 「ジョジョの奇妙な冒険」SSの交流広場 「艦隊これくしょん」SSの交流広場• 危ない!」 シアーハートアタック「コッチヲミロ…」ギロッ 二人「え」 ドカァァァァアン! 今年はどこに隠れるのやら」 提督「まああんまり屋外にはいたくないよな、彩雲や二式偵察機飛びまくるもん」 漣「なんてことを拡散されることを見越して漣達に嘯いて、敢えて外に隠れたりとかね、高度な情報戦は既に始まっているのだ……」 曙「大人気ないわねホント」 潮「提督、まだちっさな子もいるんですし……」 提督「おう、漣のせいでガクンと好感度が落ちた気がするぞ」 漣「責任転嫁とか引くわー」 提督「いや6割くらいお前のせいだろに」 朧「ところでいつから始めるの? もうそろそろ8時だけど」 提督「ん、もうそんな時間か。
死亡 艦これss 死亡 艦これss

」ドバー• 日暮れまでに終われると良いが」 陸奥「あら、もしかしたら通信傍受なんてなくて、敵さんも全員撤退してるかもしれないわよ?」 長門「それで終わればそれでよし。 3 アーカイブ• けど人は争わなければならない時がある」 提督「さあ、楽しませてもらおうか! 曙ォ!」 朧「提督、膝が笑ってるよ」 膝「ウェーヒヒヒwwwww」 司令部本館正面入り口前—— 長門「クッ、今年も見つけることは出来なかったか……!」 天龍「どこに隠れたんだって話だよなあ……ところでアンタは何が欲しかったんだ? プレゼント」 長門「む、それは……秘密だ」 陸奥 テディベアのカタログを見てたの知ってるんだから 提督「」猛ダッシュ 天龍「あ?」 陸奥「提督?」 曙「逃がすかぁっ!!」ズドンッ 長門「曙!?」 提督「当たるかぁっ!」グレイズッ 長門「なっ、提督に向けて……!? 何をしている曙! 提督に向けて発砲するなど」 曙「邪魔すんな!」 提督「邪魔をするんじゃない!」 長門「えっ」 提督「艦娘ファイト第3条! ファイトに介入していいのはレフェリーのみ、それ以外の人物による介入は一切禁ずる!」 天龍 なんだそれ 長門「何を馬鹿な事を……駆逐艦の物とはいえ主砲の一撃を受けてみろ! 生身の人間の身体を吹き飛ばすには充分な威力だぞ!」 曙「模擬弾だから当たってもカラフルになるだけだし! 最悪打撲か骨折で済むから平気! 当たりどころが悪ければ死ぬだけよ!」 長門「どこが平気なものか! 取り返しのつかない事になる前に止めろ!」 提督「でぇじょうぶだ! ドラゴンボールがある!」 長門「何処にあるんだそんな物!!」 提督「それも2つ目の願いでなんとかなる! ドラゴンボールをおくれってな!」 曙「そういうわけだからほっといて! さあ覚悟なさいクソ提督! アンタの頭に集中砲火を浴びせて前世の記憶まで吹き飛ばしたげる!」 提督「やってみやがれファッキンガール! さっきまでの数十分の出来事は俺の脳内メモリにしかと焼き付けてやったからな!」ダッシュ 曙「やっぱ殺す!!」ダッシュ 長門「いい加減にしろ2人共ーッ!!」 —————— ———— —— 漣「まあその後はね、イカゲーよろしくそこら中を塗りたくるぼのやんと逃げ走るご主人様と羅刹を思わせる殺気で追いかけるながもんさんの三つ巴になってね」 漣「ながもんさんが2人をゴッドフィンガーして捕まえて無理矢理終わらせたわけですよ」 漣「そんでさー、それでもご主人様を見つけたのはぼのやんだけだからさ、プレゼントどーするのかな? ってのが皆の話題になったんだけど」 漣「保留だってさ、ほ・りゅ・う。 元帥「いやさ、長い間付き合い続けて、未だに罵詈雑言は酷いと思うんだよ…」 提督「まぁ、彼女らには命かけて貰ってますからね…ストレスの捌け口が私に向けられているだけですよ」 提督「これがもし仲間へ向けられようなら色々支障が出ますしね…」 元帥「うーん、上司の鏡だよ君は…だが私は納得できない」 元帥「提督君が居なくなる現実に直面して気が付くことも多いだろう。

14
敵艦発見の報は?」 武蔵「まだらしいな。
死亡 艦これss 死亡 艦これss

やだやだやだやだ…ね、アナタ…ど、どうせドッキリかなんかでしょ…ね? 」 ssnote• おっぱいっていうのはただの筋肉の塊なの」 提督「筋肉?脂肪じゃないのか?」 雷「もちろん脂肪も入っているわ。 機が来るまでは身を隠し、守りが薄いように見せないと」 武蔵「それはそうだ。 121• お前が、そんな顔してたら、俺まで泣きそうになるじゃないか」 妖精「ああ……ああ……」 提督「……強く生きろよ、憲兵。

9
以上、緊急放送終わり』 加賀「……」 赤城「加賀さん、顔色が悪いですよ。