ナイキ エア ズーム ペガサス 36。 ナイキのペガサス36を履いた感想とサイズ感

ズーム 36 エア ナイキ ペガサス ズーム 36 エア ナイキ ペガサス

NIKEがエアズームペガサスを世に出したのが1983年。 2017年に登場した厚底シューズ『ヴェイパーフライ』の流れを受けて登場したこのシリーズ。

15
耐久性については、ナイキから出ているガイドでは 厚底シューズは数百キロが寿命の目安だそうですが、数百キロ毎に買い換えるとお財布にも厳しいですね。
ズーム 36 エア ナイキ ペガサス ズーム 36 エア ナイキ ペガサス

やや反りあがった厚めのミッドソールの内側のプリント 踵部分が尖り前後に長いソール 改良されたアッパー ペガサス35と36の最も大きな違いはアッパーです。

キロ4分10秒台まで上げて走ってみましたが、問題なく加速に対応してくれました。 歩道は圧雪でした。
ズーム 36 エア ナイキ ペガサス ズーム 36 エア ナイキ ペガサス

前足部に溝が新しく追加されたことで屈曲性が増し、かかとから着地することの多い初心者がより走りやすい構造になりました。 私のロードでのランニングシューズはナイキ一択になりました。 シューズの種類によって微妙な差がありますが、少しキツメのシューズには薄めのソックスを合わせて履いたり、ゆったり目のフィット感のシューズには厚めのソックスを合わせて履いています。

ズーム 36 エア ナイキ ペガサス ズーム 36 エア ナイキ ペガサス

実測で足長が24cm、足囲が23cmでちょっと狭めだけど標準のD。 スタイリッシュでカッコいいですね。 ナイキのヴェイパーフライやアシックスのメタライドのように、ひと目でわかる革新性はありません。

ナイキに限りませんが、やっぱりランニングシューズを新調すると気持ちがアガリますね。 走った後は身体への負担が少ないと感じ、クッション性のおかげだと思いました。
ズーム 36 エア ナイキ ペガサス ズーム 36 エア ナイキ ペガサス

ペガサス37のエアズームポイント• やはり前足部の倍増ズームエアが効いていて、前足部で着地すると反発性は結構感じます。

16
ペガサス36のシュータンはペラペラでしたが、ペガサス37には合成素材が使われ、補強された感じです。
ズーム 36 エア ナイキ ペガサス ズーム 36 エア ナイキ ペガサス

価格、機能性、デザインのバランスを考えたら、一度は履く価値がある、それがペガサスです。

7
ただ、日々のランニングでは、ペガサス36でもFaas 300でもタイムに差はないです。
ズーム 36 エア ナイキ ペガサス ズーム 36 エア ナイキ ペガサス

ロングセラーとして、多くのランナーから愛されてきたペガサスシリーズ。 スノーランとしての性能は十分すぎます! あと問題の保温性ですが、これは普通のランニングソックスを履くと指先が冷たくなってきます。 ボディメイクのベストセラー本も出されてます。

9
クッショニングに対する私の感想• かかとは大事、ゼッタイ。 かかとがカップ形状でホールド感が高い。
ズーム 36 エア ナイキ ペガサス ズーム 36 エア ナイキ ペガサス

ランニングに興味がある方はこちらをどうぞ。

20
結論から言いますと、ペガサス36は、万人受けするリーズナブルなランニングシューズです。 通常版ペガサス36が252gなので、なんと10gしか変わりません。
ズーム 36 エア ナイキ ペガサス ズーム 36 エア ナイキ ペガサス

ヴェイパーフライとペガサスターボの違い ヴェイパーフライとの最大の違いは、『カーボンプレート』の有無。

13
私が初めてエアズームペガサスを履いたのは中学2年生の時でした。 ペガサスターボ2• Zoom Fly Flyknit ・・・28. 最新モデルのペガサスターボ2についても 「履き心地が最高、ポイント練習で使える」、 「軽くて、接地感が好き」という感想が見られました。